伝統工芸はなぜ後継者不足になるの?その理由こそ本当の危機だった!?

伝統工芸の特集などをテレビなどで見かけると、そこに出てくる職人さん達って、結構な頻度でご高齢者の方が多いですよね。

そういうのを見ると、後継者不足が本当に深刻なのだなと思ってしまいます。

というより、特集自体がそれに関するものだったりします。

私自身、この問題は非常に関心があったのですが、よくよく調べてみると、その理由こそ本当に大事な問題だったのです。

今回はそれを紹介していきたいと思います。

若者にやる気がなく続かないというのは本当?

 「やる気が無い、根性が無い、意欲に欠ける。」こんなことを特にゆとり世代と言われる私はよく聞きます。意識しすぎなのかもしれませんが。

とにかく、そこから導き出される結論として、厳しい職人の世界で今の若者はやっていけないと言われます。確かに、そういう人はいるのかもしれません。

でもちょっと待って下さい。世の中には、そういった伝統工芸の職人だけでなく、他にも職人的な専門職はありませんか?例えば、医者とか弁護士とか。

これらの職業が伝統工芸の職人の世界に比べて優しい訳はないと思います。一人前になる修行期間だって変わらないはずです。

むしろ、医大を出てすぐにブラックジャックみたいになったら怖すぎます。それこそ漫画の世界でしょう。

けれども、これらの職業が人手不足になっても、後継者不足になったとは聞きません。つまり、このことは関係ないと思われます。

後継者不足になる根本的な1つの問題

さて、時に身の回りに伝統工芸はありますか?私の場合、探せば見つかるくらいでしょうか、それでも、それほど多くあるわけではありません。

そして、これこそが根本的な問題なのです。つまり、圧倒的な需要の低下、これが伝統工芸を衰退させ、かつ後継者不足に陥らせているのです。

さらに、伝統工芸と聞くと高級品のイメージはありませんか?職人さんが丁寧に仕上げた至高の逸品、値段もそれなりにする感じが。

要は、日常にある手頃な品物は、最早、伝統工芸による物では、なくなってしまったのです。なので、むしろ、伝統工芸は高級品に偏ることになってしまったのです。

しかし、考えても見てください、そんな高級品、どうやって修行したての人に作れるというのでしょうか?まあ、無理です。私なら心がバッキリ、ボッキリ折れて、砕けます。

というわけで、後継者になろうとした人は、ここで金銭面の問題にぶち当たることになります。修行期間の間、何を売って、どうやって飯を食っていこうかと。

こんな状況下では、後継者になろうとした人がやめていってしまったり、そもそも飯が食え無いからと、修行することさえ断られてしまったりするのです。

それでも残したい伝統工芸

そんなわけで、需要が減ってしまった伝統工芸なのですが、そもそも残す必要はあるのでしょうか?だって需要が減ったのは、つまり必要とされなくなったという訳ですから。

確かに一理あるかもしれません。でも、私は、これに絶対反対します。それは、伝統工芸というものに間違いなく残すべき理由があるからです。

そもそも、一つ一つの技術は、ある物事を解決する様々な可能性の中から、その時代に最適な方法が選び抜かれたものです。

逆を言えば、時代が変われば最適な技術は変わって行きます。その最たる例が伝統工芸なのです。

ですが、この最適という考え方は、これからの時代にそぐわなくなってくるのではと、私は考えます。なぜなら、これから世界はより多様化していくからです。

そうなってくると、これからはより多様な技術を社会の中で保存していく必要があるのではないでしょうか。そうしなければ、この情勢に対応できないでしょう。

そして、伝統工芸とは、昔から受け継がれた、我々の技術の基盤といえるものだと思います。これ以外に、多様な技術の受け皿になるものがあるでしょうか?私はないと思います。

まとめ

1. 後継者不足は、成り手の問題ではなく伝統工芸自体に問題がある
2. 需要不足こそ、伝統工芸の真の問題
3. 伝統工芸の危機は、これからの日本のものづくりの危機でもある

これら3つが伝統工芸の後継者不足の問題であり、その背後にある真の問題なのです。

私としては、まず、身近に伝統工芸を集めていきたいなと思います。

みなさんもどうでしょう、日々の生活が潤いますよ。




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 小正月の由来って何?
    正月というと、お節や鏡餅など、様々なものが思い浮かびます!しかし、小正月と言うとそもそも言葉すら…
  2. Temple tour
    「お寺巡りって何が楽しいの?」そんなこと思ったことはありませんか?おそらくお寺巡りの初心者に…
  3. スポーツ
    2020年に行われる最大のイベントは東京オリンピックでしょう。夏季オリンピックが以前日本で行われ…
  4. 笑い上戸に類語はある?
    日本には、笑う門には福きたるという言葉があります。笑うという動作は、周囲を明るい雰囲気にし、自分…
  5. 焚き火に使う木はどれがいい?
    焚き火の楽しみ方は人それぞれですが、焚き火初心者を悩ませるのは木の種類ですね。薪を購入するときに…
  6. 年越しそばの由来
    毎年、年末になるとおそば屋さんは大忙し。店では朝から麺を打ち、そばつゆを仕込み、お客様をもてなし…
  7. 縄跳びで遊ぶ女の子
    体育の授業で誰もが経験する縄跳び。現代でも文部科学省の学習指導要領には、縄跳びを教えるよう記載さ…
  8. この間、友達の出産祝いに童謡のCDをプレゼントしました♪そして、改めて歌詞カードを見て曲を聞いて…
  9. 原爆
    広島は美味しい食事や魅力的なスポーツイベントがたくさんある土地です。それ故に日本全国のみならず、…
  10. Amulet
    大切に持っていたお守りですが、願いが叶ったり、また新たな年を迎えて新しいお守りをいただくと、今までの…
PAGE TOP