花魁道中

京都で花魁体験が今熱い!豪華絢爛で華やかな花魁姿を歴史のある京都の街で体験しちゃいましょう!

京都は観光やパワースポット、歴史の町としても大変人気のあるエリアです。

お寺や神社、お店も多く、何度でも訪れたくなりますね^^

また、舞子や花魁などの着付け体験が出来るのも魅力の一つ♡

今回はその中で「花魁」体験についてご紹介したいと思います。

筆者の体験から

傘と花魁「わあ!すごい!綺麗な写真!これは、もしかして、あなた?」

「そう。私。」

「どこで撮ってもらったの?」

「京都だよ♡」

筆者の友達が、LINEの写真にアップしていたのが、花魁姿の自身の写真でした。

とても華やかで綺麗で、普段とは違う友人の姿に、驚きと興味が湧きました。

花魁とは?

凛とした花魁語源は女郎の妹分(後輩)たちが「おいらの所の姉さん」と呼んでいたこととされています。

遊郭に売られてきた娘たちは、先輩の女郎について修行します。

後輩は誰しも、自分の所の先輩(姉さん)が一番!と自慢したいのです。

太夫とは違うの?

葵太夫花魁に似ている姿で「太夫(たゆう)という言葉もあるのですが、こちらは芸娼の上級者のことを言います。

現代の高級娼婦、高級愛人などに該当します。

また、芝居や見世物の看板女優も太夫と呼ばれることがあります。

遊郭は日本各地にあったようですが、江戸の遊郭は代表的な娯楽の場で、文化の発信地でもありました。

小梅太夫は芸娼ではなく、芸人です。(笑)

花魁は華やかだけど・・・

キセルと花魁女郎は、借金の肩代わりとして売られ、遊郭で働くことになる女の人が殆どでした。

働いても簡単に借金が減ることは無く、遊郭から出ることも出来ませんでした。

中には「足抜け」と呼ばれる、脱走を試みる人も居ましたが、大抵は見つかり、ひどい折檻(お仕置き)を受けました。

花魁になると

京都 花魁道中高下駄を履いて、花魁道中が出来るようになれば一人前として扱われます。

花魁を指名できるようなお客は、お金と権力がある男性か、または自身も借金をしてまで、のめり込んでしまった人たち。

店側もお金になるので、花魁は大切に扱います。

また、花魁の特権としてお客を選ぶこともできました。

何故花魁体験が人気なの?

花魁 後ろ姿京都では舞子体験も人気がありますね。

舞子は初々しい清純なイメージがあるのに対し、花魁は凛とした成熟した女性というイメージです。

男女問わず、見かけだけではなく、人を引き付ける素敵な女性だからこそ、なることができた花魁。

そういった女性に憧れ、自分も一度はなってみたいと思う現代の女性から人気が出ているのですね^^

体験できる場所として、京都は歴史的にも、雰囲気としても人気があるのです。

女性なら、綺麗や可愛いという言葉を言われたら、嬉しいと感じる人が殆どだと思います。

(一部男性にも居るかもしれません笑)

自分では出来ないような、メイクをしてもらい、プロのカメラマンに写真を撮ってもらう。

なかなかそんな非現実的な機会は、芸能人やモデルさんではない限りありませんよね。

だからこそ、普段とは違う自分と場所で発見できるような新しい体験してみたいと思うのでしょう。

衣装はどんな感じ?

花魁の衣装何十、何百種類のある、古典柄や現代柄の着物から、自分の好きな着物を選びます。

メイクや髪型もこんな感じがいいですと伝えれば、出来る範囲で自分の希望に合ったものにしてくれます。

店員さんがこんな感じはどうですか?とアドバイスもしてくれますが、お任せしてもいいですよね^^

花魁姿で有名な映画


吉原や遊郭を題材にした映画やドラマは多いですよね。

中でも、土屋アンナさんが主演を務めた「さくらん」は、菅野美穂さんや木村佳乃さんなども美しい遊女を披露してくれました。

女性だけの世界で、年頃の娘たちが集まる遊郭は、お客の取り合いや恋愛など、言葉では言い表せない辛さがあった世界です。

花魁はそんな辛さや苦しみを乗り越えて、自分で勝ち得た「地位」。

さくらんでは見事に演じていらっしゃいました。

花魁体験の前に、ぜひご覧になってはいかがでしょうか?

こんな体験も!

花魁と劇筆者は過去に古典の芝居をしていたことがあります。

古典の舞台では花魁が登場する物語もあるので、そこで花魁の体験をする人も居るんです。

筆者の記憶では、トラブルの記憶の方が多かったのですが…(笑)

着物に慣れているはずの花魁の見頃が逆になっていたり、所作が現代風だったり…。

極めつけは、クライマックスに、スポットライトを浴びている最中・・・

・・・

・・・

花魁のカツラが取れてしまったんです!。 Σ(゚Д゚;ギャッ

コロコロと階段を転がる花魁のカツラを誰も追うことはできず…。

そんな花魁体験だからこそ、記憶に残りますねf^^;

あなたも是非、貴重な花魁体験をしに、京都を訪れてみてください☆

<script>” title=”<script>


<script>

人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 美しい岐阜城
    筆者は、岐阜城を見るたびに「よくあんな高い場所に城を建てたなぁ」と感じます。岐阜市内から一望でき…
  2. leap year
    4年に一度やってくる“うるう年”。4年に一度と聞くと、漠然とオリンピックやアメリカ大統領選挙の年…
  3. 縄跳びで遊ぶ女の子
    体育の授業で誰もが経験する縄跳び。現代でも文部科学省の学習指導要領には、縄跳びを教えるよう記載さ…
  4. 綺麗な海と浜
    梅雨が明けると、いよいよ海開きの時期ですね!山の中でのキャンプもいいですが、海無し県在住の筆者に…
  5. “お盆”と“お彼岸” どちらもその言葉を聞くと思い浮かぶのは、スイカやそうめん、おはぎにぼたもち、す…
  6. Kimono hanger
    様々な日本文化が見直されている昨今、「着物男子」なんて言葉もできるくらい「着物」にチャレンジする人も…
  7. だんじり
    日本の伝統文化は海外において高い評価を得ています。筆者が住んでいるヨーロッパでも日本関連のお店が…
  8. japanese-sword
    昨今、インターネットゲームで火が点き、国内をはじめ、海外でも刀剣ブームがきています。今まではどち…
  9. 18きっぷの買い方
    旅行が好きな人で、まだ18きっぷを使ったことが無いという人は是非ご一読ください。18きっぷは利用…
  10. Where did the etymology of the rainy season come from?
    梅雨の季節になると、ジメジメして嫌な気分になりますよね。では、何故そんな雨の時期を「梅の雨」と書…

カテゴリー

PAGE TOP