味噌は大昔から使われていた!? 歴史を知らずにミソ食べるべからず!

突然ですが、問題です!笑

日本人のソウルフードと言えばお味噌!さて、その味噌はいつから使われていたでしょうか???

江戸時代??? 縄文時代??? それとも意外と最近???

答えは…

現代から順を追って見て行きましょう☆

現代の味噌料理

味噌の歴史の前に、現代の味噌料理と言えば…、なにを思い浮かべますか?

味噌汁? 味噌ラーメン? それとも味噌田楽?

イメージとして『味噌味』が多いですが、最近のブームは何と言っても…味噌ディップ!!!

2016年に、『トマみそ』がブームになり、今ではこれも定番化しています。

そもそもこの『~みそ』がブームになったのは、塩麹が人気となった後!

年で言うと2013年頃からですから、アレンジが効く栄養価が高い調味料として味噌がずーっと活躍しています☆ 健康食ブームから和食ブームが発生し、その和食に欠かせないものとして味噌が登場したって訳です♪

明治や大正の使われ方

昭和が今と同じ感じで家庭において使われていたのかなあ…とは、なんとなく考えられます。

では、明治や大正ではどのように使われていたのか?

特徴的なことは『手前味噌』として、各家庭で仕込まれていたことです。

作るところから行っており、今よりも身近に味噌が存在していました。

中でも明治と言えば、文明開化!!!

そして、この時代の一番注目を浴びた味噌の使用方法は『牛鍋』!!!

外国から多くの文化が入ってきた中に、『牛肉を食べる』という、これからの日本人の食生活を変えるものがあります。

しかし、入ってきたばかりの『牛肉』に、日本人も初めは臭みや食わず嫌いを発揮したことでしょう。しかし、それを日本人の感覚に引き寄せるために“お味噌”を使いました。

実際、牛鍋は当時大人気!『散切り頭で牛鍋をつつく』もうまさに、文明開化の音がする言葉ですね(笑)

江戸時代には、お偉いさんから庶民まで多くの人が食べ、日本の文化の味になったお味噌は、ここでまさかの海外との橋渡し役をするのでした…。

平安時代の味噌事情

ようやく答えですが、お味噌が使われる様になったのは平安時代です♪

実は奈良時代に、『醤・未醤』というお味噌の前身が大陸から伝わって来ています。しかし『味噌』という、現在のカタチのものが現れたのは平安時代です!

貴族文化の平安時代では、身分の高い人が味噌を食べることができ、薬としても使われていました。

しかも、『高級官僚に月給として払われていた』という記述もあるようで、古代ヨーロッパ時代に塩がお金と同じくらいの価値があったように、平安時代では『味噌』が、高級なものとして扱われていたのです。

その頃の食べ方は、なんと! 主に野菜につけたり、かけたりして食していたのです。

あれ!? なんかそんな食べ方、見覚えがあるような…?

そうです! 文頭に書いた、現代の『味噌ディップ』です!!!

まさかの今の流行が平安時代の主流! 歴史は繰り返される(笑)

日本の歴史と味噌

日本の歴史と共に食されていた味噌!

平安時代では貴族の食べ物
江戸では日本国民全ての食べ物
明治大正では新しい文化の助け役
現在では、多くの料理に対応できる

歴史に対応すると共にとても万能な調味料です☆

ちょっとつけるだけで味が変わりますから、ぜひ、あなたもお試しあれ〜♪

新しい時代もきっと味噌は共に歩んでくれます!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 羽衣の松
    能は、今から1300年ほど前に中国から日本に伝えられたのが始まりと言われています。それから数えき…
  2. 浴衣 下駄 種類
    夏のデートの定番と言えば、なんてったって「花火大会」ですよね(≧▽≦)ドーンと豪快な音が響き渡っ…
  3. 扇子の高級品の違い
    夏の和風な小物といえば扇子ですよね♪私としては、折り畳める実用性と扇ぐ面の装飾性を両立している面…
  4. 俳句を詠む女性
    毎年ニュースや雑誌で紹介される、サラリーマン川柳。その他の場でも、子どもから大人まで年齢を問わず…
  5. 講談師 一龍斎貞鏡
    落語同様、日本の話芸として受け継がれ続けている講談。落語は笑点を始め、寄席でも多く高座で演じられ…
  6. Kimono bag
    現代日本の一般人には、そう正装する機会なんて無いものですが、そんな一般人にも比較的訪れる正装の機会が…
  7. 秋刀魚 旬
    秋はスポーツに芸術にイベントに…と楽しみが沢山ありますね。そしてもう一つ「食欲の秋」も!天高…
  8. 2021年の東京オリンピックで、新たに4競技が追加されました!空手・スケートボード・スポーツクラ…
  9. 多くの観光地には有名なお寺があり、楽しみにしていた旅行で立ち寄るという機会も多いですよね~^^近…
  10. 東京国立博物館
    博物館や美術館の展示を取り仕切っているのが学芸員です。学芸員は動く辞書といえる各分野の専門家であ…
PAGE TOP