味噌は大昔から使われていた⁉︎ 歴史を知らずにミソ食べるべからず!

突然ですが、問題です!笑

日本人のソウルフードと言えばお味噌!さて、その味噌はいつから使われていたでしょうか???

江戸時代??? 縄文時代??? それとも意外と最近???

答えは…

現代から順を追って見て行きましょう☆

現代の味噌料理

味噌の歴史の前に、現代の味噌料理と言えば…、なにを思い浮かべますか?

味噌汁? 味噌ラーメン? それとも味噌田楽?

イメージとして『味噌味』が多いですが、最近のブームは何と言っても…味噌ディップ!!!

2016年に、『トマみそ』がブームになり、今ではこれも定番化しています。

そもそもこの『~みそ』がブームになったのは、塩麹が人気となった後!

年で言うと2013年頃からですから、アレンジが効く栄養価が高い調味料として味噌がずーっと活躍しています☆ 健康食ブームから和食ブームが発生し、その和食に欠かせないものとして味噌が登場したって訳です♪

明治や大正の使われ方

昭和が今と同じ感じで家庭において使われていたのかなあ…とは、なんとなく考えられます。

では、明治や大正ではどのように使われていたのか?

特徴的なことは『手前味噌』として、各家庭で仕込まれていたことです。

作るところから行っており、今よりも身近に味噌が存在していました。

中でも明治と言えば、文明開化!!!

そして、この時代の一番注目を浴びた味噌の使用方法は『牛鍋』!!!

外国から多くの文化が入ってきた中に、『牛肉を食べる』という、これからの日本人の食生活を変えるものがあります。

しかし、入ってきたばかりの『牛肉』に、日本人も初めは臭みや食わず嫌いを発揮したことでしょう。しかし、それを日本人の感覚に引き寄せるために“お味噌”を使いました。

実際、牛鍋は当時大人気!『散切り頭で牛鍋をつつく』もうまさに、文明開化の音がする言葉ですね(笑)

江戸時代には、お偉いさんから庶民まで多くの人が食べ、日本の文化の味になったお味噌は、ここでまさかの海外との橋渡し役をするのでした…。

平安時代の味噌事情

ようやく答えですが、お味噌が使われる様になったのは平安時代です♪

実は奈良時代に、『醤・未醤』というお味噌の前身が大陸から伝わって来ています。しかし『味噌』という、現在のカタチのものが現れたのは平安時代です!

貴族文化の平安時代では、身分の高い人が味噌を食べることができ、薬としても使われていました。

しかも、『高級官僚に月給として払われていた』という記述もあるようで、古代ヨーロッパ時代に塩がお金と同じくらいの価値があったように、平安時代では『味噌』が、高級なものとして扱われていたのです。

その頃の食べ方は、なんと! 主に野菜につけたり、かけたりして食していたのです。

あれ⁉︎ なんかそんな食べ方、見覚えがあるような…?

そうです! 文頭に書いた、現代の『味噌ディップ』です!!!

まさかの今の流行が平安時代の主流! 歴史は繰り返される(笑)

日本の歴史と味噌

日本の歴史と共に食されていた味噌!

平安時代では貴族の食べ物
江戸では日本国民全ての食べ物
明治大正では新しい文化の助け役
現在では、多くの料理に対応できる

歴史に対応すると共にとても万能な調味料です☆

ちょっとつけるだけで味が変わりますから、ぜひ、あなたもお試しあれ〜♪

新しい時代もきっと味噌は共に歩んでくれます!




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. A plausible plan
    富士山というと、浮世絵だとか色んな所で、日本らしいものとして象徴的に描かれることが多い山です。で…
  2. Somen
    最近の暑さ、異常ですよね〜!?暑さにやられ、食欲も失せ、ヘトヘト…。そんな時、ツルツルっと冷たい…
  3. 落語という言葉は知ってるけど、生の落語は見たことも聞いたこともないという人は、日本人の中にも結構いら…
  4. Toshizo Hijikata
    新選組をご存じでしょうか。有名ですから名前くらいは聞いたことがありますよね。日本の転換期、幕末か…
  5. Lake Biwa
    「琵琶湖は滋賀県の6分の1」これは私たち滋賀県民がよく言うことなんですが、観光にとって非常に重要なこ…
  6. 京都観光を終えて、いざ帰路につこうと思ったら、おみやげ買ってないとかありませんか?そうでなくても…
  7. 箸と皿
    世界遺産に登録され、海外の方にも人気の「和食」。 慣れない手つきで箸を持ち、掴みにくい豆や…
  8. Amulet
    大切に持っていたお守りですが、願いが叶ったり、また新たな年を迎えて新しいお守りをいただくと、今までの…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し




PAGE TOP