かまくらと子どもたち

冬の風物詩「かまくら」はいつからあるの?からまくらの由来と使い道

冬を連想させる物のひとつに「かまくら」があります。

白くて丸くて可愛らしい形をしていて、中に入ることが出来るあの「かまくら」です。

では、かまくらはいつ頃から存在し、何のためにあるのでしょうか。

この記事では意外と知らない「かまくら」の由来や使い道をご紹介します☆

かまくらとは

かまくらの形かまくらとは、雪を高く積んで穴を開けた雪洞です。

秋田県や新潟県などの豪雪地域では小正月(1月15日~20日頃)に、かまくらの中に祭壇を設け、水神様を祀る伝統行事があります。

基本的な形はドーム型で、雪を固めて人が入れる程の穴を掘ります。

昔々は四角形だったのですが、屋根が崩落しやすく危険なので今のドーム型になりました。

雪まつりやかまくら祭りなどのイベントでは、入口をハート型にしたり、かまくらの形を雪像にしてみたりと様々な形が楽しまれています。

新潟の中越地方では、かまくらのことを「ほんやら洞」とも言うんですよ☆

【かまくらの語源】

かまど昔は、煮炊きをする際に、(かまど)に火をくべ、釜を使っていました。

かまくらの形が竈(かまど)に似ているので「かまくら」と呼ばれるようになった、という説が有名です。

しかし、神座(かみくら)と言う、神様の御座所が元とも言われており、正式な由来は分かっていません。

【かまくらの役割】

水神様本来のかまくらの役割は、かまくらの中に祭壇を設け水神様をお祀りする行事のために作られます。

農耕に必要な水や火に感謝する行事として、東北地方で発展し、主に雪国を中心に広まりました。

また、左義長と呼ばれる、火祭り行事が起源になっているところもあります。

お正月に神様をお迎えするために飾った、門松や締め縄を神社などで火にくべて、お焚き上げをします。

その火は神聖な火とされ、お餅や団子を焼いたり甘酒を温めたりし、厄払いや豊作祈願をするのです。

また、豪雪地域では、かまくらを貯蔵庫のように使う場合もあります。

かまくらと鎌倉は関係があるの?

鎌倉の大仏かまくらに、鎌倉大明神をお祀りしたことから、かまくらになったという説もあります。

また、昔の文献には雪のかまくらを漢字で鎌倉と記しているものもありますが、釜蔵と書いてある書物もあり、一概には言えません。

現在の鎌倉市に強い結びつきがあるという史実は見つかっていないのです。

かまくらで有名な土地

横手市のかまくら祭り秋田県横手市のかまくらは冬を知らせるお祭りで、子供たちがかまくらにお客さんを招待してくれます。

かまくらの中では、お餅や甘酒の振る舞いでもてなしてくれます。

お祭りが開催されている間、横手市内には、何と100基ほどのかまくらが並ぶんです。

灯りを付けた、幻想的な光景が見ることができますよ☆

その美しさに魅かれ、全国から多くの観光客訪れます。

また、六郷のかまくらは、700年ほどの歴史があり、重要無形民俗文化財にしていされています。

かまくらを上手に作る方法

かまくら作りかまくらを上手に作るには、新雪が適しています。

新雪は柔らかくて、雪が集めやすいのです。

固い雪だと重くて積むのが大変ですが、新雪は柔らかく軽いので、体力面からみても作りやすいんです。

雪質も関係してきますけどね(粉雪、つぶ雪、 わた雪、ざらめ雪…♪)

ある程度雪を積み固めたら、ドーム型になるように雪を削ります。

水や塩を使うと雪が溶けにくく、上手に作れますよ。

【かまくら作りの手順】

雪集め1.雪をかき集める。
2.時々、雪を叩いて固める(水をまくと固まりやすくなる)。
3.最後に塩水をかけ、一晩おくと、しっかり固まる。
4.一晩おいたら、入口を削り、順番に中を掘ってくり抜いていく。
5.人が入れるくらいの穴が掘れたら出来上がり!

かまくらの中で何をする?

かまくらの中行事としてのかまくらでは、神様をお祀りします。

中には子どもたちが入り、甘酒やお餅を焼いて客人をもてなします。

イベントとしてのかまくらは、ほのかな明かりを灯して幻想的な風景を楽しんだり、中で酒盛りをしたり、ゲームをしたりと楽しみます。

押入れの中や、ダンボール箱の中のような狭い空間が好きという人、結構いませんか?

かまくらの中は狭くて、でも暖かくて、非日常を味わえる不思議空間なんです☆

かまくら作りを体験できる観光地

中尾かまくら祭り 岐阜県高山市の温泉地、中尾温泉では毎年「かまくら祭り」が催されます。

かまくらの中に本格的な囲炉裏が用意してあったり、バーを設けたり、様々なかまくらが作られています。

その他に、お餅つきのイベントも行われます。

周辺は温泉場で有名なので、かまくら祭りを楽しみ、湯巡りも楽しめるとあって、国内外の旅行客に人気があります。

地元の人は、かまくら作りで大変なんですけどね。

雪が少ない年は特に冷や汗ものです。

【その他のかまくら観光地】

栃木のかまくら祭り栃木県日光では、湯西川温泉のかまくら祭が冬の名物になっています。

温泉街に雪だるまが並び、雪の滑り台や雪遊びができる広場があり、お子様に人気です。

かまくらの中で、バーベキューが出来るところもあるんですよ☆

溶けないかしらと心配になりますね(笑)

かまくらを楽しもう!

かまくらと雪うさぎ岐阜県飛騨市では、かまくらの中に小さな雪だるまを作って保管し、夏の暑い時期に、希望者に発送するというサービスを行っています。

真っ白な雪で作られたかまくらは、イヌイットが作るゴツゴツとしたイグルーとはまた違い、優しい雰囲気があります。

雪が降る冬だけのお楽しみで、春になると溶けて無くなる、はかなくも美しい「かまくら」。

もし体験したことが無ければ、是非一度体験してみてくださいね♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 家紋は全部で何種類くらいあるの?
    家紋は、自分の家の歴史を知る手がかりとなる紋様です。しかも、それだけでなく家紋のデザインも優れて…
  2. 妊活中のよもぎ蒸し
    唯一、女性にしかできない「妊娠」。新しい命を宿し、生み育てる、尊い役割です。昭和時代にはベビ…
  3. 俳句を詠む女性
    毎年ニュースや雑誌で紹介される、サラリーマン川柳。その他の場でも、子どもから大人まで年齢を問わず…
  4. 初夢の縁起ものと言えば"一富士二鷹三茄子"ですが、私自身はこのような夢を見たことがありませんwそ…
  5. 美しい日本の城
    戦国の世では重要な拠点となった城。城主を始め、多くの家臣や女中たちが暮らした城には様々な種類があ…
  6. Zodiac
    血液型や星占い、六星占術に手相、姓名判断などなど… 自分はもちろん、家族や友達の性格を調べるのは…
  7. 神棚の処分はどうすればいい?
    人それぞれに様々な事情があり、神棚を処分しなければいけないことがあります。やはり、ほとんどの方が…
  8. Kimono clock
    日本の民族衣装である着物が見直されている昨今、着物でお出かけしようという方も増えています。しかし…
  9. 書道家の作品が欲しい
    近年、書道やペン字など、書道に関心を示す人が増えています。書道は、美術品に匹敵する美しさを持つ、…
  10. 作務衣 女性用
    作務衣って、和服の中でも誰でも簡単に着ることが出来る構造になっています。しかも、元々は作業着なの…
PAGE TOP