若水の意味と読み方

若水の意味と読み方、使い方を知って無病息災を祈願しよう!

インフルエンザやノロウイルスに加え、新型コロナウイルスという病が加わった2020年。

新年こそは良い年にしたい、無病息災で過ごしたいと願う方も多いでしょう。

そこで、元日の朝に行うとっておきの行事、若水をご紹介いたします!

若水とは?

若水とは?若水(わかみず)は、元旦の朝一番に汲む水のことをいいます。

若水のほか、初水(はつみず)や、朝水(あさみず)、福水(ふくみず)と呼ぶ地域もあります。

一年の邪気を払うとされ、歳神様へお供えしたり、お正月の料理などに使います。

 

若水の歴史

若水の歴史もともとは、立春の日に、宮中の主水司と呼ばれる役職の人が、天皇に献上した水でした。

主水司はしゅすいし、または、もいとりのつかさと読みます。

昔は立春にお正月を祝っていました。

立春の日の朝一番に、主水司が井戸から水を汲み、それを天皇に奉じた水が若水です。

現在の暦では、立春は節分の翌日頃(2月3日または4日)なので、若水はお正月(元旦)に汲みます。ここでのポイント…というか注意点は、元日ではなく、元旦に汲む事です!

「元旦と元日は違うの?」という方は、以下の記事を参考になさってくださいねなさってくださいね♪

若水汲みは年男の仕事

若水汲みは年男の仕事若水汲みは基本的に年男(としおとこ)が行います。

干支の年男ではなく、正月の行事を取り仕切る一家の家長のことです。

年男は、元旦の朝早くに遠くまで水を汲みに行きますが、これを若水迎えといいます。

人に会っても口をきくのはNGという決まりもあり、寒さも厳しい時期なので大変な役目ですね。

基本的には男性の仕事ですが、西日本では女性が行う地域もあります。

一文字追加したら若水が別の意味に?

若水が別の意味に?若水に「」という漢字がつくと、読み方も意味も変わります。

変若水と書いて、おちみず(をちみず)と読みます。

知らないと、おちみずとは読めない漢字ですね。

飲むと若返る、若返りの水といわれ、日本神話の月読命(ツクヨミ)が持つとされています。

山形県には、変若水の湯という温泉もありますので、興味がある方はぜひ訪れてみて下さい。

 → 変若水の湯 つたや

若水の使い方

若水の使い方若水は、まず歳神様にお供えし、その後、口をすすいで清めます。

あとは、お雑煮やお正月料理などに使ったり、お茶を入れたりといった使い方をします。

若水で顔を洗う方もいますよ♪

若水と福茶について

若水と福茶について若水を沸かして淹れたお茶を、福茶(ふくちゃ)といいます。

大福茶(だいふくちゃ)、皇服茶(こうふくちゃ)と呼ばれることもあります。

大福が入ったお茶、大福を添えたお茶、抹茶の大福は別物です(笑)

福茶は、お正月のほか、大みそかや節分に振る舞うこともあるお茶で、縁起の良いお茶です。

湯のみに、結んだ昆布梅干しなどを入れ、若水を沸かし、白湯や煎茶を入れて注ぎます。

黒豆や大豆、かち栗や山椒を入れる方もいますよ☆

お茶屋さんでも大福茶として販売しているお店があり、梅干しや昆布などが入っています。

縁起の良い、梅昆布茶ですね♪

梅干しは歳を重ねる、昆布は喜ぶ、豆はまめに(元気に)働く、といった意味があります。

皇服茶授与で福茶をいただく

皇服茶授与で福茶をいただく京都の六波羅蜜寺では、お正月の三が日に、皇服茶(大福茶)授与が行われます。

無病息災を祈願するお茶で、各日二千人に配られます。

六波羅蜜寺は空也上人が開基したお寺で、病にかかった村上天皇もこのお寺のお茶で治療しました。

また、疫病(伝染病)を退散させるお札も授与しています。

皇服茶と悪病除の護符で、コロナウイルス撃退を祈願してみてはいかがでしょう?

 → 六波羅蜜寺

若水は水道水でもいいの?

若水は水道水でもいいの?現代は、天然水が自販機やコンビニで販売される時代。

水道の蛇口に浄水器が付いている家庭も少なくありません。

むしろ井戸水を汲みに行くほうが難しい状況です。

若水は水道水でも良いとされていますが、蛇口にしめ飾りをしたり、塩でお清めする方もいるようです。

元日の朝は、水道水にも感謝の心を込めて、きれいな容器に汲んでみましょう。

現代の若水迎えの方法は?

現代の若水迎えの方法は?井戸水が少なくなった現代でも、湧水や名水は日本全国にあります。

100円ショップで売られているウォーターボトルなどを持参して、元旦の朝一番に汲みに行きましょう。

心の中で、お水を頂戴しますと感謝を述べ、静かに汲み入れて持ち帰ります。

氷点下では、足場が凍っていることもあるので、転倒には十分気をつけてくださいね。

身近な名水の場所は、環境省のWebサイトで確認することができますよ☆

 → 環境省 名水百選ポータル

ピロリ菌に注意!

ピロリ菌に注意自然の湧水や井戸水には、ピロリ菌がいることがあります。

昔は、湧水や井戸水などを用いて生活をしていた家が多くありました。

ピロリ菌が胃の中に寄生すると、胃腸の調子が悪くなったり胃の病の原因になってしまうことも。

筆者の母も、先日胃の不快感を訴え、検査の結果ピロリ菌が見つかりました。

名水が汲める場所では、飲用に際し注意書きがないか、チェックしてくださいね。

水は万物に欠かせない大切なもの

水は万物に欠かせない大切なもの若水に限らず、水は人間だけでなく、動物も植物もなくては生きていけない大切なものです。

そして、神社仏閣を訪れる際は、まず水で手や口を清める、神聖なものでもあります。

日本は湧水や井戸水のほか、水道からもキレイな水が出る、ありがたい国。

今年の元旦は、ぜひ朝一番にお水に感謝して飲んでみましょう♪




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 山
    あなたはハマっている趣味がありますか?最近ではジム通いを初め、様々なスポーツを趣味として初める人…
  2. Tale of Genji
    二千円札にも描かれている「源氏物語」と、その作者の紫式部。あまりにも有名ですね。しかし「源氏物語…
  3. Japanese dance
    日本の伝統文化と言うと茶道や華道が思い浮かびますが、日本舞踊もその1つです。でも、お茶やお花と違…
  4. Carp streamers Senior citizens
    デイサービスなどで行う5月のレクリエーションとして、鯉のぼり制作をする所も多いです。鯉のぼり制作…
  5. 古民家カフェの人気
    日本で喫茶店が初めてオープンしたのは1735年(享保20年)と言われています。その後、様々な形式…
  6. 相撲
    相撲といえば、土俵側のせめぎ合いと激しい技の掛け合いが醍醐味です。決着ついた後には館内アナウンス…
  7. 夏の風物詩 蚊やり豚
    静かに忍び寄り、気付いたときには血を吸っている蚊。蚊が嫌われるのは日本に限ったことではありません…
  8. 神棚の処分はどうすればいい?
    人それぞれに様々な事情があり、神棚を処分しなければいけないことがあります。やはり、ほとんどの方が…
  9. 二人羽織
    忘年会、新年会、新歓コンパや歓迎会などに欠かせない宴会芸。歌や踊り、漫才など、何をするか、考える…
  10. 水族館
    デートには定番スポットが複数存在します。映画館や遊園地、テーマパークなど、それぞれの定番が存在し…
PAGE TOP