Incense stick

あなたのお線香マナーは大丈夫?「何本?作法は?」もう迷わない!備えあれば憂いなしのお線香マナーをご紹介!

お墓や仏壇にお供えするお線香。

「何本あげれば良いの?」
「宗派によって作法が違うの?」

と、いざという時に戸惑った経験はありませんか?

私は急なお通夜で、恥かしながらお線香のマナーや作法がわからず、「前に並んでいる人のマネをしよう。」と考えていたら、背中越しによく見えず、お焼香に手間取ってしまった経験があります(>_<)

亡き人を偲(しの)ぶ場で、あたふたと戸惑いたくはないものです。

備えあれば憂いなし!

この記事では、お線香のお供えの仕方&マナーをご紹介します☆

なぜお線香をお供えするのか?

worshipお線香は仏教的に、まわりを浄化するものと考えられています。

また、お釈迦(しゃか)さまや阿弥陀如来(あみだにょらい)さまは、お線香の香りを頂くとも⁉︎

そのため、先祖、故人の家ともいえるお墓や、仏さまの家ともいえる仏壇にお供えするのですね。

その他、瞑想など集中したいときにもお線香が使われます。

仏さまにお線香やお花をお供えすることは、功徳(くどく)を積むことにもなります。

お線香をお供えすることは、仏さまや故人に思いをはせる神聖な儀式といえそうですね☆

お線香の歴史

Incense historyお線香は、室町時代にはすでに日本に伝わっていたと考えられています。

当初は公家など上流階級の贈答品でしたが、江戸時代には一般に広まり、時計の代わりとしても使用されていました!

禅寺では、座禅を行う時間をお線香1本が燃え尽きる時間(約40分)とし、遊郭では、お客さんが遊ぶ1回の時間をお線香で計っていました。

舞妓さん・芸子さんの「お花代」も、以前はお線香で遊ぶ時間を計っていたことから「線香代」と呼ばれていました!なんだかムーディーですね☆

お線香を時計の代わりにするなんて、今では考えられないですね~(^^)

時間を区切ってリラックスしたいときなど、お線香やお香で試してみるのも面白そうですね♫

お供えの仕方

A visit to a graveお線香をお供えするときの流れを、簡単4ステップでご紹介します☆

1.ご仏前で一礼します。
2.ロウソクからお線香に火をつけます。
 <ポイント>この時、ライターなどから直接お線香に火をつけないようにしましょう!
3.手であおいで、お線香の火を消します。
 <ポイント>口は悪行が多いとされるため、口で息を吹きかけて火を消さないように注意です!
4.お線香を香炉灰に置きます。

お線香のお供えの仕方は、難しいルールが多いイメージでしたが意外とシンプルですね。これなら私にもできそうです(^^)

ポイントを押さえて、スマートにお線香をお供えしましょう!

宗派による違い

Incense sectお通夜などで訪ねたお宅の宗派が自身の宗派と違うと、戸惑いますよね⁉︎(>_<)

宗派による違いを簡単にご紹介します☆

宗派により異なるのは、
・お供えするお線香の本数
・お供えの方法(香炉灰への置き方)

の2点です。コレだけなら覚えられそうですねッ!

宗派

お線香の本数

お供え方法

真言宗

3本

立てる

天台宗

3本

立てる

曹洞宗

1本(or2本)

立てる

日蓮宗

1本(or2本)

立てる

臨済宗

1本(or2本)

立てる

浄土宗

1本

折ってから立てる

浄土真宗

-*1

横に寝かせる*2

*1 浄土真宗では、お供えするお線香の本数に特に決まりはありません。
*2 浄土真宗では、ご仏前にお供えするお線香は寝かしますが、お墓にお供えする場合はその限りではありません。

お線香3本を立てる真言宗・天台宗
お線香1本(or2本)を立てる曹洞宗・日蓮宗・臨済宗
お線香1本を折ってから立てる浄土宗
お線香の本数に決まりはなく、横に寝かせて置く浄土真宗

主にこの4つのパターンがあります!

お通夜などの場合、故人やそのご家族の宗派の方法でお供えしたいですね。

もし相手の宗派がわからない場合は、ご自身の宗派の方法でお供えしましょう。

もう迷わない⁉︎お線香マナー

Incense Manorいざという時にもう戸惑わない、お線香のお供え方についてご紹介しました。

ぜひ、ご参考にして頂けると嬉しいです^^

しかし、お線香のお供えには作法や宗派によるルールありますが、やっぱり1番大切なのは、故人・先祖を偲ぶ心、仏さまに向き合う感謝の心だと私は思います☆




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. Kimono hanger
    様々な日本文化が見直されている昨今、「着物男子」なんて言葉もできるくらい「着物」にチャレンジする人も…
  2. edo-clothing
    現代のファッションって実に多様ですよね。毎年季節ごとに流行は変わりますし、個性的なアレンジも実に…
  3. traditional culture
    伝統芸能というと、能や歌舞伎、文楽などを思い浮かべる方が多いかと思います。伝統芸能を志す人も、そ…
  4. 無形文化財にも指定された日本食。和食とも言いますね!皆さんは日本食を習慣的に食べることはあります…
  5. 花火大会等の時、街には浴衣姿の人が溢れかえります。若い女の子達の華やかな装いが実に目に楽しい!…
  6. hot-water-bottle-cover
    昔から寒い冬のお布団に欠かせないものといえば湯たんぽ!近頃では、お湯を沸かさなくてもいいものや便…
  7. chestnut
    今年の夏は不思議な気候や気温が多かったですが、いつの間にか秋の気候になっちゃいましたね(*_*)…
  8. Hiragana
    最近はインターネット発展によりメールやSNS文化で、実際に字を書くことが少なくなりました。しかし…
  9. Shichigosan Photo
    七五三写真の定番と言えば、フォトスタジオでのちょっとおすましした記念写真。七五三の本人も、そして…
  10. Chubu Region Tokai region
    社会科で日本のことを学び始めた小学4年生の娘に、「東海地方はわかるけど、中部地方ってどこ?」と、いき…

カテゴリー

ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ

温泉探し




PAGE TOP