紙幣に人物が描かれるようになった時期と理由

紙幣に人物が描かれるようになった時期と理由って?渋沢栄一のお札はいつから?

ある日、筆者が行きつけの喫茶店で、支払いをした時のお話です。

旧一万円札はご利用できません」という張り紙を見つけました。

張り紙には大きく厩戸皇子(聖徳太子)が描かれた一万円札がありました。

懐かしさとともに、過去の紙幣に描かれた人物が気になり始めた筆者。

紙幣に描かれる人物って、どうやって選ばれるんだろう?

紙幣の人物に選ばれるって、やっぱり理由があるのかな?

と思った方もいると思います。

そこで今回は、紙幣と人物の関係と理由について調べてみました☆

明治維新で「円」が誕生!

明治維新で「円」が誕生!明治4年(1871年)、新政府は貨幣制度を統一するために「新貨条例」を制定しました。

江戸時代末期まで長く使われてきた金や銀、両から「」という単位に。

その翌年、明治5年に発行された新紙幣が「明治通宝」です。

円札と銭札が作られましたが、紙幣に人物は描かれていませんでした。

この頃の日本には、紙幣の印刷技術がなく、ドイツで印刷をお願いしていたんですって☆

日本紙幣に初めて人物が描かれた!

日本紙幣に初めて人物が描かれた!「明治通宝」に偽造が多発したことをうけ、明治14年(1881年)に、お札のデザインを一新しました。

紙幣の贋作対策として、人物を描くことにしたのです。

初めて紙幣に描かれた人物が「神功皇后(じんぐうこうごう)」です。

神功皇后は新羅を征討したとされる女性で、日本神話に登場する方です。

選ばれた理由は、国民に神功皇后の名を知ってもらうためだとか。

全国で統一された紙幣が使われるので、確かにお顔は覚えますね。

ただし顔だけなので「誰?これ」となったかも。

しかも描いたのはイタリア人だったので、何となく欧米人風です(笑)

ちなみに皇后は描かれても、天皇は描かれていないんですよ。

なぜ天皇が紙幣に描かれないか、興味がある方は以下の本がお役に立つと思います♪

旧拾円券はネズミのご飯!?

旧拾円券はネズミのご飯!?明治15年(1882年)に日本銀行が設立されました。

そして、明治18年(1885年)に「日本銀行兌換(だかん)銀券」が発行されます。

兌換(だかん)銀券って、聞き馴染みがない言葉ですよね。

兌換(だかん)銀券というのは、銀貨と引き換えのできる紙幣です。

1円、5円、10円、100円札が発行されたんですよ☆

中には、ネズミにかじられる被害に遭うお札も・・・。

原因は、強度を増すために使ったこんにゃく粉でした。

泥棒ではなくネズミとは驚きのエピソードですね。

伝承上の人物から歴史上の人物へ

伝承上の人物から歴史上の人物へネズミにかじられた後には、改造券と呼ばれる券種が誕生しました。

今の時代に「改造券」などといったら、おまわりさんが飛んできちゃいそうですが。

明治21年(1888年)に発行された改造1円券は「武内宿禰(たけのうちのすくな)」が描かれました。

なんと、300年近く生きたと人物と伝わっています。

ヾ(ーー ) ォィォィ 300年って。

1910年に登場した紙幣には下記の人物が描かれました。

・乙10円券 → 和気清麻呂(奈良時代から平安時代にかけて活躍した官僚)

・乙20円券 → 藤原鎌足(大化の改新の中心人物)

・乙100円券 → 聖徳太子(十七条憲法を作った人)

1930年には菅原道真が加わります。

・丁5円券 → 菅原道真(学問の神様として大宰府に祀られている人)

1942年からは武士も登場します。

・い5銭券 → 楠木正成(後醍醐天皇を助けるため、幕府軍と戦った)

そしてなぜか「塔」も描かれました(笑)

・い10銭券 → 八紘一宇塔(日本書紀に書かれたことば)

戦争と共に迷走する日本紙幣の絵柄

戦争とともに迷走する日本紙幣の絵柄1946年になると、人物だけではなく、植物や鳥が描かれることもありました。

・A5銭券 → 梅

・A10銭券 → ハト

・A10円券 → 国会議事堂

・A1円券 → 二宮尊徳(二宮金次郎)

この時代はまだ「銭」という単位があったんですね☆

やっと人物に落ち着いた戦後の紙幣

やっと人物に落ち着いた戦後の紙幣1950年からはようやく日本の紙幣も人物の柄に落ち着きました。

新しく登場したのは、以下の人物です。

・B50円券 → 高橋是清(日本銀行総裁、内閣総理大臣を務めた)

・B100円券 → 板垣退助(自由民権運動の主導者)

・B500円券 → 岩倉具視(日本の近代化を推し進めた)

この頃は、肖像や図柄もGHQの認可が必要だったそうです。

戦後の高度成長期、昭和の紙幣

戦後の高度成長期、昭和の紙幣1963年には、伊藤博文が紙幣に描かれました。

・C1000円券 → 伊藤博文(初代内閣総理大臣、大日本帝國憲法を制定)

昭和の長い期間、次に紙幣が刷新されるまでは以下の人物が使われ続けました。

・C500円券 → 岩倉具視

・C1000円券 → 伊藤博文

・C5000円券 → 聖徳太子

・C10000円券 → 聖徳太子

5000円と10000円札が同じ「聖徳太子」だけど、間違わないの?と思うかもしれませんね。

実は、お札の大きさを違えることで、識別しやすいよう工夫されているんです♪

まだまだ続く紙幣刷新(昭和から平成)

まだまだ続く紙幣刷新1984年、全ての紙幣の人物が刷新されました。

・D1000円券 → 夏目漱石(明治から大正時代の文豪)

・D5000円券 → 新渡戸稲造(初代国際連盟事務総長)

・D10000円券 → 福沢諭吉(慶應義塾大学の創始者)

そして西暦2000年、またしても謎のお札が発行されました。

はい、2000円札です。

しかも人物ではなく建物。

2000円札・D2000円券 → 守礼門(沖縄首里城の外門)

かろうじて裏面は「源氏物語」の紫式部で、人物ですが、なぜ表面にしなかったのか不思議ですね☆

平成に活躍した紙幣、そして令和へ

平成に活躍した紙幣、そして令和2004年からは以下の紙幣に落ち着きました。

・E1000円券 → 野口英世(黄熱病の研究者、福島県出身の医学博士)

・E5000円券 → 樋口一葉(明治時代の小説家、歌人。代表作は「たけくらべ」)

・E10000円券 → 福沢諭吉

そして2024年、全てのお札が一新されます。

・1000円券 → 北里柴三郎(破傷風菌血清療法、ペスト菌発見、北里研究所設立)

・5000円券 → 津田梅子(語学・女子高等教育に尽力、津田塾大学創立)

・10000円券 → 渋沢栄一(近代日本経済の父、日本に初めて銀行を作った人)

さて、ここまできて、お気づきでしょうか?

昭和、平成、令和と時代が進んでいる中、お札の人物は「明治」に活躍した人が多いことを。

日本の紙幣の要は明治維新

日本の紙幣の要は明治維新江戸時代から現代の基盤となる新政府誕生は、歴史上大きな変革でした。

特に経済の面では、武士と商人との身分や隔たりをなくし、大きく成長した時代です。

紙幣の人物が選ばれる理由は、明治に活躍した人物と大きな関係があるようです。

キャッシュレスと言われる時代ですが、新しいお札を手にしたら、よく観察してみたいですね☆

これを機に幕末の歴史を辿ってみてはいかがでしょうか?




人気ブログランキング

おすすめ記事

  1. 焚き火に使う木はどれがいい?
    焚き火の楽しみ方は人それぞれですが、焚き火初心者を悩ませるのは木の種類ですね。薪を購入するときに…
  2. 日本舞踊 子供
    子供に人気の習い事と言えば、水泳、英語、ピアノ、サッカー、バレエ、体操、習字にダンス、変わったところ…
  3. その焚き火は合法?
    近年、手軽に始められるデイキャンプや、おうちキャンプの人気が高まっています。近場の河原や公園、自…
  4. いわゆる江戸時代末期「幕末」について、あなたはどのくらいの知識をお持ちでしょうか?「大政奉還があ…
  5. 箸と皿
    世界遺産に登録され、海外の方にも人気の「和食」。慣れない手つきで箸を持ち、掴みにくい豆やネバ…
  6. お正月といえば、門松!日本で古来より受け継がれてきたお正月飾りの一つです。日本人なら一度は目にしたこ…
  7. オートキャンプ場とキャンプ場の違い
    近年、雑誌やSNSで目にするオートキャンプ場。オートと名が付くからには、一般的なキャンプ場とは何…
  8. Features of Ukiyoe in the Edo period
    江戸時代を代表する芸術文化に浮世絵があります。葛飾北斎とかが有名ですよね。さらに、浮世絵は海外に…
  9. 年金手帳
    「私たちが歳をとる頃は、年金なんて貰えないんでしょ?」「自分が貰えないのに、年金なんて払いたくな…
  10. 和紙の提灯
    昔から伝わる提灯は和紙を利用して出来ていますが、最近ではビニールで出来た提灯も見かけます。今回は…
PAGE TOP